スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警告 ホルモン剤で癌急増‼️無責任な放送に怒りを感じます‼️

女性のみなさん。無責任な放送に注意して下さい。薄毛の予防にホルモン剤投与が効くとか言っているようですが、乳がんや子宮がんのリスクが高いことに触れていません❗️ホルモン剤の投与で癌に亡くなられたアナウンサ!がいたこと、忘れないで下さい。もとNHKの池田アナウンサーは、不妊治療のためにホルモン剤を投与され、癌になり、亡くなられました。生前、彼女は「癌のリスクがあると知らされていたら、ホルモン剤は打たなかった」と、悔し涙をながしていました。忘れないでほしい❗️
ここからは、ある医学博士のブログからの抜粋です。
医学博士の健康ブログ
ホルモン剤で癌のリスク増
2014年7月1日
重度の更年期障害に悩む患者さんは、少しでも楽になりたいとの思いからホルモン剤の投与を希望される方が少なくありません。このホルモン補充療法は、女性ホルモンを投与すること で、急激な女性ホルモン低下によって生じる、のぼせ・ほてり・発汗異常などを伴う更年期障害を改善させるものです。

しかし、治療に使われるホルモン剤は、乳がんの発生増加と死亡増加と関係していると報告されています。閉経後の16000名を、ホルモン投与群とプラセボ群(偽薬)に分けて、約8年間観察すると、乳がんの発生率は投与群で385名に対しプラセボ群は293名で、投与群で1.25倍高くなります。乳がんでの死亡者は投与群で51名、プラセボ群では31名と、1.57倍もホルモン投与群で高くなっています。また、このホルモン投与によって増大した乳がんリスクは、投与の中止で顕著に減少し、投与を中止すると約2年で元の状態に戻るというのです。この発表でも、8500名の女性にホルモン剤の投与を行い、8100名の女性はプラセボ群として、両者を比較しています。乳がんの発生率は、投与群で1.26倍に上昇していました。
同様に、ホルモン剤の投与は、子宮体がんになりやすいこともわかっています。更年期障害がつらいのは理解できるのですが、医師はホルモン投与のリスクの説明を充分にすべきですし、患者側はこの説明を聞いた上で、症状の改善効果ががん発症のリスクをはるかに上回ることを納得してから行うべきです。
----------------------------------------


CANDYからの投稿
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

1. ▼o・_・o▼コンニチワン♪

コメント書き込ませて頂きました!
ホッとするブログですね♪
私は普段の生活の事ばかり書いてますけど、よかったら来てください!

プロフィール

aiomotenasi

Author:aiomotenasi
素敵に生きましょう。
Aoi Megumi is alive Let's go
Let's go beautifully♡
Let's live.生きていきましょう♡

プロフィール

aiomotenasi

Author:aiomotenasi
素敵に生きましょう。
Aoi Megumi is alive Let's go
Let's go beautifully♡
Let's live.生きていきましょう♡

フリーエリア







リンク
aomegu
FC2カウンター
総合計:
閲覧者:
ありがとう♡
Aoi Megumi is alive
☆参加してます

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1956位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
304位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。