スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉鎖病棟 不正精神科医の実名報道 患者の監禁問題 警鐘

警告 精神科で入院治療をすすめられても、よーく考えて下さい。精神科の入院病棟は全て閉鎖病棟です。そして、面会も退院も全て、担当医の許可が必要となります。これが法律です。ですから、その入院の是非を決める資格の不正取得は絶対にあってはならないと思いませんか。
不正取得医師は医者の資格なしですよ!
本当に監禁されてしまっている患者がいないのか、全国の精神科病棟を全て検査して欲しいです。
{6ECA3D85-F472-427D-A80F-0CE14A12C30C:01}

監禁罪の補助にもなりかねない問題だと思いませんか!
聖マリアンナ指定医不正:厚労省「行政処分も」 毎日新聞 2015年04月22日 21時03分

聖マリアンナ医大病院 20人の指定医取り消し NHKニュースより抜粋
2015/04/15 - 
川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院で、重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかなどを判定する専門の ... 削除されているが、昨日の毎日新聞21時57分更新の記事には資格を取り消された医師20名の実名が出ていた。

下公務員・準公務員の実名報道 part8より抜粋
254:朝まで名無しさん 2015/04/16(木) 04:36:41.06 ID:Ci2VQdvQ.net [
■神奈川県■ 高い診療報酬を得る為に、指定医の不正取得が常態化 ■神奈川県■ 
■■聖マリアンナ医科大学病院■■ 精神保健指定医 不正で20人資格取り消し 4月15日 
(〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1) 
■精神保健指定医の指定を取り消される医師は以下の通り(敬称略)■ 
【申請時に不正があった医師11人】 ■目的は診療報酬抜き(税金抜き)■ 
■前○○○ ■柳○○○ ■藤○○○ ■北○○○ ■板○○○ ■野○○○
■斎○○○ ■天○○○ ■石○○○ ■田○○○ ■渡○○○ 
【指導医として確認を怠った医師9人】■目的は診療報酬抜き(税金抜き)■ 
■貴○○○ ■宇○○○ ■田○○○ ■富○○○ ■三○○○ ■関○○○
■中○○○■金○○○■荻○○○
 2013年末で1万4630人の指定医がおり、厚労省は過去5年間に 
指定された2466人の申請書類についても、不正がなかったか調べる。 
 聖マリアンナ医科大病院(川崎市)の医師が「精神保健指定医」の資格を不正に取得 
したとして、厚生労働省は15日、勤務経験者も含め同病院の医師計20人の指定医の 
資格を17日付で取り消すと発表した。取り消しは少なくとも過去に3例あったが、一度に 
大量の指定医の資格が取り消されるのは初めて。大学側によると、同病院神経精神科では 
医師らによる不正な資格取得が常態化していたという。 
 精神保健指定医は、精神障害があり自分や他人を傷つけるおそれがある患者の強制入院 
や身体拘束の可否を判断するために必要な資格。取得には一定期間の実務経験に加え、 
資格を持つ指導医のもとで自ら診察した入院患者8例以上のリポートを厚労省に提出する必要がある。 

【負け犬主義】聖マリアンナ医大病院 精神保健指定医20人資格取り消しより抜粋
<聖マリアンナ医大病院>精神保健指定医20人資格取り消し
毎日新聞 4月15日(水)21時36分配信
【申請時に不正があった医師】
○○○ 助教・横浜市西部病院神経精神科医長 ○○○クリニック
○○○
○○○
○○○
○○○ 助教・大学病院神経精神科医長
○○○ 助教・大学病院神経精神科医長
○○○
○○○ 助教・医長
○○○
○○○
○○○
【指導医として確認を怠った医師】
○○○
○○○
○○○
○○○
○○○ 講師・医長
○○○ ○○○メンタルクリニック
○○○
○○○
○○○ 助教・医長
参考リンク
大学病院 認知症(老年精神疾患)治療研究センター
大学病院 統合失調症治療センター


精神保健指定医が判断を委ねられる「措置入院(強制入院)」とは?



◆行政が命令する強制的な入院
精神保健福祉法で定められている強制的な入院(本人の同意を伴わない入院)には、次の2つがあります。

「措置入院」
重い精神障害のある患者に対して、行政が強制的に入院させることです。精神疾患のために自傷他害の恐れがある場合などにとられる措置で、本人や家族の意思は関係ありません。ですから、その判断は大変厳しいものとなっています。
第1段階としては、一般市民(家族)の通報や警察官による通報、検察による通報が必要です。そして第2段階として、行政が連れてきた患者を精神保健指定医2名が診察し強制入院の判断をします。そして第3段階として政令指定都市の市長が行政措置として入院を命令します。

「医療保護入院」
患者本人が入院治療の契約を交わすだけの理解力がない場合などに、家族の同意だけで、精神疾患の患者を強制的に入院させることです。この場合も本人の意思は関係ありませんから、「精神疾患のために入院治療が必要な状態であること」「精神疾患のためにその状態を理解し自ら入院契約に同意する能力がないこと」を、精神保健指定医が診察して確認し、診断を下さないと実行されません。また、医療保護入院の場合は、家族等保護者、あるいは扶養義務者の書面による同意も必要です。

聖マリアンナ医科大学 神経精神科学HP

以前の記事で聖マリアンナ医大病院の医師らが精神保健指定医資格を不正取得していた件について書きましたが,結構なアクセス数だったので関連記事を書いてみようと思います。

28人の強制入院に関わる 聖マリ医大病院、市が確認へ
北海道新聞 4月16日
川崎市は16日、精神保健指定医資格の不正取得で取り消し処分を受けた聖マリアンナ医大病院の医師が2010~14年度、本人の同意なしで強制的に入院させられた患者28人の判定に関わっていたと明らかにした。28人のうち4人は、不正取得した医師本人が判定していた。

まあ予想は出来ていたことですが,精神保健指定医資格を不正取得した医師が実際に措置入院や医療保護入院など本人の同意によらない入院の判定に関わっていたのですね。ニュース記事によると,患者28名のうち4名が不正取得医師による判定だったとのこと。これが事実であるとすれば,この4人は「本人の同意がなく」「本来の精神保健指定医資格を持たない医師」が無理矢理患者を入院させたことになるわけで,人権侵害どころか刑法に触れる可能性があるのではないでしょうか?

法律の素人が議論する問題ではありませんが,例えば監禁罪(刑法220条)などとの関連が気になるところです。不正に取得していたとはいえ,その当時は精神保健指定医の資格を有していたことは事実なので,問題ないという判断になるのでしょうか。

精神保健指定医が他の専門医資格と決定的に異なるのは,患者の権利を制限することができる点。これを不正に取得していたのだから,この資格を振りかざして行った行為にはきっちり責任をとって欲しいと思います。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aiomotenasi

Author:aiomotenasi
素敵に生きましょう。
Aoi Megumi is alive Let's go
Let's go beautifully♡
Let's live.生きていきましょう♡

プロフィール

aiomotenasi

Author:aiomotenasi
素敵に生きましょう。
Aoi Megumi is alive Let's go
Let's go beautifully♡
Let's live.生きていきましょう♡

フリーエリア







リンク
aomegu
FC2カウンター
総合計:
閲覧者:
ありがとう♡
Aoi Megumi is alive
☆参加してます

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1956位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
304位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。